筋肉成分について

今、モデルや芸能人の間で、女性らしいカラダを手に入れる為に常識になっているのは、筋力アップを行う事です。

BBBに含まれる、HMBとクレアチンがこれらをサポートします。

HMBとクレアチンを黄金バランスで配合

hmbとクレアチン

HMBを摂取するだけでは、筋肉を維持するのは困難と言われてます。

  • 筋肉を作る為のHMB
  • 作られた筋肉を維持する為の、クレアチン

どちらも必要ですが、摂れば摂るほどよいわけでもありません。

その為、BBB(トリプルビー)は、この2つの成分を、女性の食事量に合わせた最適なバランスで、過不足なく配合しています。

>>女性らしいカラダを手に入れるのに、なぜ筋肉が必要なのか知りたい

HMB、クレアチン共に食事から適量を摂取するのは困難なため、サプリでの摂取が推奨されています。

クレアチンとHMBの除脂肪体重と筋肉強度に対する相加効果
クレアチンとHMBの除脂肪体重と筋肉強度に対する相加効果

また、HMBとクレアチンは、同時に摂取することで相乗効果があると言われています。

どちらの成分も、厚生労働省の報告書でもその有用性が報告されている機能性表示成分です。

ところで、HMBってどんなものなの?

{alt}

HMBは、ロイシンというアミノ酸の一種が体内で代謝される過程で合成される成分です。

「筋肉を作れ」と命令を出すことで、筋肉を作るタンパク質合成の増大、筋力の増強といった効果が期待できます。

ウエイトトレーニングを行う際、HMBを摂取しない場合と、摂取した場合では摂取した場合の方が筋肉量が増加することが確認されています。

適度に筋肉をつけることで、引き締まった、美しいボディラインを目指す事ができます。

ところで、クレアチンってどんなものなの?

{alt}

クレアチンは、アミノ酸の一種で、生肉や生魚に多く含まれています。

約95%が骨格筋に存在すると言われており、筋肉を維持する効果が期待できます。

女性ホルモンの影響でおちやすい筋肉を維持し、メリハリボディのキープをサポートをします。

クロスフィットの様な、強度の高い運動や、短距離走のような短時間で最大限の力を発揮する運動において、パフォーマンスアップを期待できるHMBとクレアチン。

プロアスリートはもちろん、筋力アップを強力にサポートしてくれるので、ハードなトレーニングでも疲れにくく✨トレーニングで作り上げた、筋力維持を強力サポート。

美しい体を築きあげる為に筋肉サポート成分を配合

引き締まったお腹が割れた女性

HMBだけを特化して摂取しても、女性らしい美しい肉体を目指す事はできません。

BBB(トリプルビー)は、女性らしい引き締まったスリムな体を作る為に、5種の筋肉サポート成分を含みます。

5種の筋肉サポート成分

BCAA

{alt}

BCAAとは、Branched Chain Amino Acidsの頭文字をとったものであり、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の3つの必須アミノ酸の総称です。

肉を食べると、分解されて最終的にアミノ酸になりますが、最初からアミノ酸の状態で摂取できるので吸収速度が速く、カロリーも少なく効率的です。

体内では合成できず、また食事からバランスよく摂ることも難しいので、サプリメントで上手に補う必要があります。

筋肉の分解を抑制する働きや、筋肉の合成を促進する働きがある他、やる気や集中力にも効果的と言われています。

クエン酸

{alt}

クエン酸は、レモンやライムなど、酸味のある食品に、よく含まれている成分です。

生物には糖質や脂質をエネルギーに変換する「クエン酸回路」があり、 乳酸を分解・生産抑制し、疲労回復・筋肉痛予防にも効果的です。

また、酸性のドロドロ血液を弱アルカリ性のサラサラ血液へ改善し、新陳代謝が促進されます。

現代人に不足がちなミネラルの吸収を促進する 「キレート作用」でアンチエイジングやがん予防の効果も期待できます。

オルニチン

{alt}

オルニチンはアミノ酸の一種です。肝臓や腎臓、筋肉の働きを助ける作用があります。

有害なアンモニアを無害な尿素に代謝したり、身体の疲れを改善する他、成長ホルモンの分泌を促進します。

成長ホルモンは大人になるにつれ減少し、脂肪の分解が進まず体脂肪が増え、コレステロール値が増加してしまいます。

ダイエットをする人に効果的な成分です。

L-アルギニン

{alt}

L-アルギニンもアミノ酸の一種です。

体内でも合成される準必須アミノ酸ですが、加齢とともに体内での生産量が減少するため、食事やサプリで十分に摂取することが重要です。

スーパーアミノ酸とも呼ばれ、成長ホルモンの分泌を促し、筋肉や骨格の成長に効果的です。

また、TCA回路と呼ばれるアンモニアの代謝回路を活性化し、エネルギーを効率よく生み出すことで疲労回復を早める効果が期待できます。

イミダゾールペプチド

{alt}

イミダゾールペプチドは、ペプチドの総称であり、主に「カルノシン」と「アンセリン」などが挙げられます。1900年に哺乳類の骨格筋中から発見されました。

時速100kmで泳ぎ続けるカツオやマグロ、2週間以 上不眠不休で飛び続ける渡り鳥の羽を動かす胸肉の部分に多く含まれ、その運動能力を支えている物質と考えられています。

唯一動物から取り出せる抗酸化剤で、アンチエイジングや疲労回復に効果が期待できます。

HMBだけでは、補えない部分を、5つの筋肉サポート成分で補い、女性らしい、健康的な筋肉づくりをサポート

BBBで理想のカラダを手に入れる